スポンサーリンク

はいさい!
OKINAWAN SUPです!

沖縄はサンゴ礁に囲まれており
満潮前後2時間ほどがサーフィンタイムとなります
なので、海についたら急いで
海に入る❕❕

なんて方も多いかと思います…

しかし、海に入る前に海全体チェックすることで
コンディションが急に変化したり
ブレイクの仕方の変化など今まで気づけなかったことが
サーフィンを楽しむために役立つかもしれません✨

それじゃ、解説いってみましょう!

スポンサーリンク

海全体を眺める

コンディションを眺めるのももちろんのこと👍

釣り人がサーポイント周辺にいないか
堤防の位置やダイビング、シュノーケラーの確認
船の航路があるか
トイレはあるのかなど
ざっくり海だけでなく
周辺を確認します👀!

潮まわりの状況

海に到着してから潮見表をチェック!
今後潮は上げなのか、下げなのか
確認します!🌊

波が小さい時は満潮時に波がなくなったり
干潮時に波のサイズがアップしたり
変化していきます!

必ずその様になるわけではありませんが
今後の波の変化をある程度理解するためには
重要な情報です!✨

スポンサーリンク

波のサイズ

波のサイズは一番気になるポイントですね!

波からの自分までの距離によって
波のサイズの感じ方は変化します

先に入っているサーファーやSUPの方がいれば
波に乗っているところを確認すると
波のサイズが正確に把握できます🏄

チャンネル

波が大きくなるにつれて
沖に出るのも大変になってしまいます

特に初めのうちはパドル力もないので
沖に出るだけでも一苦労💦

そんな時に活用したいのが❕❕
チャンネルといわれる沖に出ていく潮の流れ
その流れに乗ると早く楽に沖に出られる!

波が立っている場所は岸に向かって潮が押し寄せて
波が立っていないところは沖に潮が流れて行っているので
そこが基本的にチャンネルです✨

ラインナップ

先に入っているサーファーを目視できたら👀
混雑状況や初心者が多いのか
ローカルサーファーが多そうなのか

ローカルがいれば波に乗る
ローテーションがありそうだとか

ウェットスーツを見て水温が低いのか高いのか
ある程度把握できる!

迷惑駐車

駐車はかなり気を付けたい!!

沖縄では恩納村や伊計島など
はるさー(農家)が
畑の近くに無断で駐車され、駐車禁止区域になって
しまったポイントがいくつかあります。

たった一人の勝手な行動が
サーファー、海が好きな人々の
遊び場を減らしています😧

遠い場所でもルールを守って
邪魔にならない様にして
落ちているゴミは少し拾うなど
人にも環境にも優しくしたいですね!🌎💑

それでは、海LIFE楽しんで下さい🙌

参考資料:歴代チャンピオン5人がやさしく解説するサーフィン基本テクニック完全HOW TOブック 波乗り道場

OKINAWAN SUP

OKINWAN SUPでは
沖縄ローカル観光情報や
SUP、海や自然での遊びについて発信しています!
BLOG プライベートツアー チェック↓↓

コメントやイイね!
Youtubeチャンネル登録
insta follow
などあれば生きる気力が沸きます!

SUPツアー、パーソナルトレーニング予約
お仕事依頼は → こちらへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です