スポンサーリンク

海に入る前に波をしっかりと観察しよう
海に入る前に確認することは多い
初心者でも楽しめるために
簡単に3つまとめてみた!

海に来たら波のサイズ
波の崩れ方、ホレ具合をみて
乗り方をイメージしたい!

あれこれ
チェックしていこう↓↓

スポンサーリンク

1.サーファーがいたり、混雑する場所は避ける

SUPボードは種類にもよるが
3m前後あり、かなり大きい

サーファーとは違って
密集したポイントでは
迷惑になることがある

SUPボードは浮力が高く
サーファーよりも波に早く乗れる
波に乗りすぎると
平和じゃないし
周りから白いで見られることも...

また初心者のうちは
大きなSUPボードをコントロールするのが難しい
人にぶつかって怪我させる可能性もあるし
慣れないうちは
混雑ポイントは避けよう!!

2.波のサイズチェック

OKINAWAN SUP SURFING

海に出る前に波のサイズはチェックしたい

自分の技術的に安全に楽しめるのか
ギリギリ入れるレベルだったとして
周囲に人がいてもしもの時に
助けを呼べるかなど

波は遠くや上から見ていると
サイズを見誤る場合が多い
近くやビーチ、岸など
さまざまな角度で観察しておきたい

SUPボードであれば
膝くらいに波があれば
十分に楽しめる!!

初心者であれば膝から膝下くらいの波で
最高に楽しめるコンディションじゃないかな?

スポンサーリンク

3.リップカレントなど潮の流れをチェック!

沖縄のリーフブレイク

白波が立っているポイントは
沖から岸に向かって
勢いよく海水が流れ込んでくるので
沖に出ていくには
かなり苦労する

逆に白波が立っていない
横のポイントは白波が岸に押し寄せてきて
行き場を失うと
沖に向かって戻って流れる
そればリップカレントだ!

リップカレント(離岸流ともいう)に
乗るとスムーズに沖に出られる

ただ、流されすぎると
どこまでも沖に流されるので
潮の流れをよく観察したい

リップカレントなどは一定の幅でしか
起きていないので
流されてると思ったら、
流れに逆らうのではなく
左右に移動してリップカレントの幅から
抜け出せば問題ない!

まとめ

〇初心者は混雑ポイントを避ける
〇初心者に適した波のサイズは膝から膝下サイズが最高!
〇潮の流れによってスムーズに沖にでられるが、流されすぎに注意!


OKINWAN SUPでは
沖縄ローカル観光情報や
SUP(サップ)、海遊びについて発信しています!
YouTube Blog TOUR チェック↓↓

YouTube
Blog
TOUR
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です