スポンサーリンク


SUPは海・川・湖などの自然が相手のウォータースポーツです

自然のことを知っておくと安全なのはもちろん

フィールドの変化や違いに気づき理解できることでより楽しめます

私は沖縄出身のうちなーんちゅです

沖縄でSUPツアーガイドをやっています
シュノーケル、ダイビング、SUPの
ツアー案内数2000回以上

SUPを簡単に楽しむ知識について
シェアして行きましょーね!

スポンサーリンク

初めてのSUP遊びで必要なもの


〇ライフジャケット
〇SUPボード
〇パドル
〇リーシュコード(ボードと自分を繋ぐもの)

スポンサーリンク



以下は状況によって必要
*ブーツ:リーフなど海底がハードな場合
*ラッシュガード:日焼け対策
*ウエットスーツ:皮膚の保護、防寒

SUPボード、パドル、リーシュコード

〇ライフジャケット

船やカヤック、SUPなど海の乗り物では
基本的にライフジャケットの着用が義務付けされています
初心者や泳ぎが苦手な方は
ライフジャケットを着けて
溺れる危険を防ぎましょう!


〇SUPボード

上の写真は柔らかいタイプのソフトボードで
人に当たっても安全で初心者に優しい
空気で膨らませるインフレータブル
硬いハードタイプもあります


〇パドル

SUPは1本のパドルだけです
長さ調整機能付きや
カーボンで軽いタイプなど様々あります


〇リーシュコード

サーフィンやSUPではボードと自分が離れないように
ゴム紐のようなコードがあります

SUP初心者のおすすめポイント!

基本的に人があまり多くないポイントがいいです

SUPは3m以上あり
かなり大きいです。
人にぶつかるリスクも高く
人混みは避けたい!

読谷村にある『渡具知ビーチ』
おすすめ!

広いビーチがあり、トイレ設備もあります。

駐車場もありますが、
ビーチ前のお店の駐車場としても
利用されているので、混雑に注意!

渡具知ビーチのリーフは遠いので
激しいうねりや波はあまり起きません
初心者に優しいです!

初心者が絶対守りたいこと

初めてのSUP体験

〇SUPは大きな道具であり、他の人の邪魔になる

SUP初心者の場合は
うまくSUPボードをコントロール出来ない
シュノーケルの人サーファー
カヤックをやっている人に
ぶつかって怪我させる危険もあるので
周りをしっかり確認したい!


〇法的、ローカルのルールに注意

漁港や航路など
漁業法の邪魔になってしまってはいけない

ポイントによっては
駐車禁止の地域や住宅街であったり
サーファーのみのポイントだったりと
ローカルルールがあったりするので
周りに人がいれば確認したい!


〇当日の天気を確認する

SUPは立って乗るマリンスポーツです
風速6m以上になると
自分自身が帆となって
かなり流されます
漕ぐ力や体力がない初心者は
流される危険があるので
雷や風、潮などチェックしておきたい!!

まとめ

1.基本的な道具を用意
ライフジャケット、SUPボード、パドル、リーシュコード

2.おすすめポイント
人が少ない渡具知ビーチなど

3.初心者が守ること
周りに注意してトラブルを避けるために
ルールや天気を確認する!


SUPは自然と繋がれ
ココロとカラダをリフレッシュさせてくれる
最高のツールです!

SUP LIFEを楽しんで行きましょう!

OKINAWAN SUPについて

OKINWAN SUPでは
沖縄ローカル観光情報や
SUP、海遊びについて発信しています!
BLOG チェック↓↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です