スポンサーリンク

ハイサイ!
OKINAWAN SUPです!

近年もの凄い流行り中のSUPです!
SUPがメジャーになりつつあり
2010年にハワイで開催された
初めての大会から約10年たちました✨

徐々に知名度も上がり
日本でも東京オリンピックで
サーフィンが正式種目となり
マリンスポーツも
脚光を浴びそうですね!!🏄

SUPを初めて間もない方
これからSUPサーフィンに挑戦したい方へ

SUPサーフィン始める前の
心得についてシェアしていきましょーね!

スポンサーリンク

謙虚な態度と姿勢

SUPは大きなボードなので
存在感バツグン!

サーファーやシュノーケラーは
下から見上げる姿勢なので
威圧感があります!😇

混雑時にはボードやパドルが
ヒトやボードに当たらないように
注意して謙虚な気持ちで
海に入りましょう!

リーシュコードは必須

サーフィン時は
カールタイプのうずを巻いてるリーシュは
避けたい!

カールタイプはバネの様に戻ってくる
場合があるので、自分に戻るかも!

私は体験したことがないですが
想像すると怖い🤪

リーシュがないとボードが流され続けれ
他人とクラッシュする危険あります🎉☠

スポンサーリンク

ボードは流さない

混雑時や周囲にサーファーや
海水浴している方がいる場合は
サーフィンでもSUPサーフィンでも
一緒ですが…

ゲッティングアウト中に
バランスを崩して
ボードを流して
他人に当たってしまっては
ルール違反!

基本的にゲッティングアウト中に
(沖にでること)
ボードを離してはいけません


波に乗っている方にボードが邪魔をすると
かなり危険です☠🔥

最悪ボードを離すときは
リーシュの近くを持って
流れる距離を短くする配慮をしたり
人がいないポイントを選ぶ
配慮が必要ですね!👀

波待ちも気配り

サーフィンをしていると
知らない人とも海の上で一緒になることが多々あります

ある人は波が来るタイミングで口笛や
声かけで波が来るよと知らせてくれる方もいました
知らない人でもそんな気配りをされると
波乗りがとてもやりやすいです🌊

SUPでは立っている分
セットを見つけるのが速いです!
周りにいい波きていると知らせるの気配りや余裕があると
みんなで楽しめる波乗りLIFEとなりますね🕊

譲り合いのアイリー

SUPボードは長くて浮力が高いので
テイクオフがかなり速いです!
周りの方に譲ってあげる気持ちが大切です!

SUP

ロングボード

ファンボード

ショートボード

ボディボード

遊泳者

上の図のように
独り占めせずに
周りの方も楽しめる様に
LOVE & PEACE ☮でいきましょう!

地元ルールに注意!

地域によっては
SUP禁止のルールもあったりします😔

SUPは歴史が浅く
だいぶ後輩です…

知識が少ない方が海にいると
長年海遊びしている方からは
白い目で見られることも💦

地域のローカルルールがあったとしても
笑顔で対応して!
双方が邪魔にならない遊べるような
工夫が必要ですね!

安全第一位!

遊び、仕事、何か始めるときには
安全第一!!

自分のレベルをよく知ること
SUP、サーフィンについて
理解を深めること

怪我をしない、させない
トラブルが起きないように

みなさんに海にかかわるマリンスポーツを楽しんで欲しい
好きになって欲しい!!😍

このブログはそれだけで
更新し続けています!

今から始める方も始めている方も
みんなが本当に海やマリンスポーツを
好きになってもらいたいと思っています!💑

それじゃ、また🙌

参考資料
文=SUPA日本スタンドアップパドルボード協会

OKINAWAN SUP

OKINWAN SUPでは
沖縄ローカル観光情報や
SUP、海や自然での遊びについて発信しています!
BLOG プライベートツアー チェック↓↓

コメントやイイね!
Youtubeチャンネル登録
insta follow
などあれば生きる気力が沸きます!

https://www.instagram.com/p/CBFS4HBlh4p/
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です