スポンサーリンク

SUPは海・川・湖などの自然が相手のウォータースポーツです

自然のことを知っておくと安全なのはもちろん

フィールドの変化や違いに気づき理解できることでより楽しめます

私は沖縄出身のうちなーんちゅです

沖縄でSUPツアーガイドをやっています
シュノーケル、ダイビング、SUPの
ツアー案内数2000回以上

SUPを簡単に楽しむ知識についてお伝えしましょーね

スポンサーリンク

ビーチから広い海に出ようとすると
まず難関となるのは
ショアブレイクだ

ショアブレイクとは岸の近くで割れる波です

初心者ではそのショアブレイクに押し戻されたり

バランスを崩してSUPから倒れたり
沖に出るのも大変

沖に上手くでれても
波に巻き込まれたり
流されたり
思う方向に進まなかったりします

波の性質をしることで
上手に付き合っていくことが大切です

波はなんで高くなる?

SUP SURFING  沖縄本島奥武島

波は海上を吹く風が海面を揺らして起こる

なので風が強く吹けば吹くほど
波は高くなります

ただそれだけでは決まらず
波が大きく成長するためには
海面に強い風が
吹き続ける時間の長さも必要!

ある程度広範囲で
長時間吹き続けなければ
波は大きくならない

どんなに強風でも
竜巻のような短時間の強風では
波は大きく育たない

それよりも低気圧や
台風 冬の季節風などの
大規模で長時間吹く風が波を作る!


波の強さ = 風の強さ×吹走時間×吹続時間

天気図

大規模な現象は天気図でも把握できる

スポンサーリンク

数日前からその存在もわかる
低気圧や台風などは
等圧線の間隔が狭く 風が強いことがひと目でわかる
*等圧線:低気圧や高気圧の周囲にある等間隔の線


波が高くなりそうと
カンタンに想像できる

当日の天気も大事だし
週間予報で海の状態を
ある程度把握しておきたい

オンショア・オフショア

風の向きも重要!

波は基本的に
風下に行けば行くほど
発達している

沖の方から陸に向かって吹く風⇒オンショア

オンショアの時には陸地に近づくほど
波が高くなる
ビーチからみても波が高いのがわかりやすい

陸から沖に向かって吹く風⇒オフショア

逆にオフショアでは
ビーチから見える波は小さくても
沖に出ると想像以上にデカい場合がある
注意してみたい。

オンショアでは沖に出るのは風に押されて大変だが
陸に帰るのは風に押されて楽だ!

オフショアは沖に出るのが楽!

今回はここまで
カンタン知識はまた次回!

OKINWAN SUPでは
沖縄ローカル情報や
SUP、海遊びについて発信しています!
BLOG チェック↓↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です