スポンサーリンク

私は沖縄出身のうちなーんちゅです

沖縄は世界レベルの綺麗な海です!

沖縄でSUPツアーガイドをやっています

シュノーケル、ダイビング、SUPの
ツアー案内数2000回以上

たくさんの海を経験してきました!
今回は美しい素晴らしい沖縄の海について
シェアして行きましょーね!

スポンサーリンク

沖縄の気候

沖縄は亜熱帯気候で
年中温暖な気候です!

ないちゃーからしたら
春・夏・夏・秋
くらいの四季くらいかもしれないです

ただうちなーんちゅは冬は寒く感じます!笑

平均気温は22~24℃
沖縄は島国だから海風が吹いていて
木陰に入れば過ごしやすいです!

7~9月の水温は29度前後
水着で泳げる!
12月~4月の水温は21度前後
冬はウェットスーツが必要!

5~8月は南寄りの風
10~3月が北寄りの風
4月、9月は季節風
3月はニービチカジマーイと言って
風がころころ変わって海が荒れる日もあるので注意

梅雨入りは5月10日前後
6月中旬くらいで梅雨が明けます

スポンサーリンク

ビーチの位置

ビーチの位置が岬の近くにあるのか
湾の中にあるかで
風や波の影響に変化がある!

は外海に近いので
波が高かったり、風が強く
潮の流れが速いポイントがあったりする!
しかし、海の透明度が高いことが多い!

ビーチがの中にあると
海からの風以外は風や波の影響が少なく
泳ぎやすいポイントが多い
しかし、海の透明度が低いことが多い!

沖縄本島の岬は、
眞栄田岬、残波岬、万座毛など
湾のポイントは
北谷、読谷、天願あたりのビーチ

満潮と干潮の違い

海はだいたい1日に2回
6時間のサイクルで満潮と干潮を繰り返す
“潮汐(ちょうせき)と呼ぶ”

満潮と干潮は新聞、カレンダーの下の欄に載っていたり
ヤフー天気予報などでも簡単に調べられる!

満潮の時は潮がビーチ近くまで
押し寄せてきて、大型魚がビーチ近くまで
ミジュンなどを追いかけて入ってくることがある
透明度はバツグンに良くなる!
釣り人にも嬉しい時間
沖縄のサーファーは満潮時にしかサーフィンできないので
満潮、干潮時刻に詳しい

干潮は潮が引き、リーフで
波は止められ
ビーチ近くは天然のプールみたいに
穏やかなことが多い!
子連れのファミリーが遊ぶには
最適な時間だ!


沖に出れずに
タイドプール(潮が引いたときに出来る潮だまり)に
綺麗な魚が群れでいることもあるので
天然水族館を楽しめることもある?!

潮の流れ

潮は通常海岸やビーチと
平行して左右に流れている

大潮の時は潮の上げ下げの差が大きく
流れが速くなるので注意!

波が高い日
リーフを超えて波が入ってくるので
離岸流(沖に向かう潮の流れ)が
早くなる場合があるので注意!

離岸流は一定の区間で発生するので
流されていると思ったら岸に向かうのではなく
左右どちらかに泳いで離岸流から出よう!

潮の流れは複雑なので
泳ぎながら常に自分の位置と
ビーチや岸の位置を把握して
早めに対処するように心がけることが大切!

海ではシカバー(方言で怖がり)が
危険を察知して生き残れる

台風と風の向き

沖縄の台風シーズンは
7月~10月

台風が島の東側を通ると
北→西→南西の順に風向きが変わる

台風が西側を通ると
北東→東→南へと変わる

最近は温暖化の影響か
沖縄を直撃することが少なく
内地へと向かうことが多かったり
季節外れの台風も多い気がする…

大潮と小潮

大潮は満潮と干潮の差が大きい
小潮は少ない

潮は月の満ち欠けと連動する

大潮(新月)
 ↓
中潮
 ↓
小潮(半月)
 ↓
大潮(満月)
 ↓
中潮
 ↓
小潮(半月)
 ↓
中潮
 ↓
大潮(新月)
29日くらいのペースで変わる。

夜の月を見ても潮の状況が把握できます!

まとめ

沖縄はサンゴ礁で覆われた島です
島特有の気候や風
潮の流れなどがあります!

沖縄で海遊びを計画されている方や
旅行を計画されている方にも
少し遊びのためになれば良いかなと思います!

沖縄の海 LIFEを楽しみましょーね!!

OKINAWAN SUPについて

OKINWAN SUPでは
沖縄ローカル観光情報や
SUP、海遊びについて発信しています!
BLOG TOUR チェック↓↓

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です