スポンサーリンク

知っていましたか?

1日の消費カロリーは
1:6:3 です!
どこに運動が当てはまるでしょう?

正解は…

3です!

1が食事の消化で発生するカロリー消費
6は生きているだけで消費するカロリー
呼吸したり、心臓が動いたりという感じで消費🔥

一般の方は運動するだけよりも
生きているだけで7割カロリー消費されています😲

スポンサーリンク

食べ方で勝手に燃える?

意識せずに代謝を上げる方法がある✨

DIT(食事誘発性熱産生)!!!👀

食べた物で胃などが動いて
熱が生まれてエネルギーを消費することの意味

これが全体のエネルギーの1割を占める
食べながらも消費出来る!👼

この効果を発揮させるためには
ベージュ細胞!
カギとなる

無理な食事制限はせずに
ベージュ細胞を増やして
脂肪を燃やしやすいカラダへ
チェンジさせることは可能😊

どんな食事が良いの?

さて、ベージュ細胞がカギとなることは
わかった!

実際にどんな食べ物がベージュ細胞を増やし
燃えるカラダになるのだろうか!?

それは
カプサイシン!!🌶
魚油!!
🐠

カプサイシンは唐辛子などに多く含まれる
魚油はDHA、EPAと呼ばれ青魚に多く含まれる

どちらも交感神経を刺激して
白色脂肪細胞をベージュ細胞へと変化させる!

DHA、EPAはベージュ細胞の活性化にも役立つ!🏂

カプサイシンや魚油は脂肪を燃やしやすいベージュ細胞を増やしてくれる

食べ物の種類でもDIT、消化時のエネルギーが
多く使われるものもある!!

それがタンパク質だ!!
三大栄養素の脂肪、炭水化物、タンパク質で比べてみよう
消化時の熱産生、脂肪、炭水化物は7%
タンパク質はなんと30%😲❕❕

肉、魚、豆類などのタンパク質は
摂取後のエネルギー消費が高い!!
意識して食事の中に取り入れたいですね🍴

それでは、SUPの運動の効果について
check👇

スポンサーリンク

SUPで使う筋肉

SUPはカラダ全身を使って漕ぐ運動です🏊

特に使われるのは
背中の広背筋
腕や肩周り
下半身も使います
背中が鍛えられると漕ぐスピードアップや
持久力も高まります!💪

どんな効果がある?

SUPを漕ぐと手 腕 脇 腹 足と
全身を使います🏊

SUPを漕ぐことで全身を鍛えることが出来ます!
おなか周りの体幹も鍛えられるので
V字型の理想的な体系になりやすい✨

美しい自然の中で🏖
リラックスしながら漕ぐことも
トレーニングにいい影響を与えてくれる

気分がいいといつもよりやる気が上がるし
脳とカラダはひとつなので
自然を楽しみながら鍛えるのは
最高の環境です! 

SUPが出来る環境になくても
プライベートツアー、パーソナルトレーニング
check👇

OKINAWAN SUP

OKINWAN SUPでは
沖縄ローカル観光情報や
SUP、海や自然での遊びについて発信しています!
BLOG プライベートツアー パーソナルトレーニング チェック↓↓

コメントやイイね!
Youtubeチャンネル登録
insta follow
などあれば生きる気力が沸きます!

参考資料
〇日経トレンディ別冊 「疲れない」が一生続く!最強の食事&筋トレ
〇SUPスタートBOOK 新しいウォータースポーツSUPを始めよう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です