スポンサーリンク

はいさーい!
パーソナルトレーナー
SUPインストラクターをさせて頂いている
zionでーす!

私は沖縄生まれ沖縄育ちの30歳です。

今日は沖縄県民にとって大切な慰霊の日です!

慰霊の日のことをご存知ない方にも
ご紹介していきましょーね!

慰霊の日とは?

Googleマップより掲載

1945年の太平洋戦争で日本とアメリカ連合軍が戦いました
沖縄では唯一地上戦が行われ、約20万人もの命が亡くなりました

20万人というと

島根県 松江市 206.230人
東京都 西東京市 200.012人
埼玉県 熊谷市 198.742人
東京都 台東区 198.073人
山口県 山口市 197.422人
新潟県 上越市 196.987人

ひとつの市が数か月でなくなるほどの犠牲者です

死者のうち
アメリカは約1万2520人
日本はその15倍、
約18万人が亡くなったそうです。
このうち沖縄県出身以外の日本兵は6万5908人。
出身の軍人・軍属(ぐんぞく)(正規の軍人、学徒隊など)は2万8228人。
一般の住民は9万4千人。
沖縄県民全体では12万2千人以上、県民の4人に1人が亡くなったといわれている。

6月23日の「慰霊の日」は、沖縄戦犠牲者の霊を慰め世界の恒久平和を願う日です。沖縄県が条例で記念日として定めました。

「慰霊の日」は、アメリカ軍が主体となった連合国軍と日本軍との間で起こった組織的な戦闘が終わった日とされています。
1945年6月23日に、沖縄現地に配備された日本軍の牛島満司令官と長勇参謀長が自決し、組織的な戦闘が終結したことから、この日が「慰霊の日」に定められました。

沖縄では学校教育に組み込まれている

教科書で習うことはもちろんのこと
防空壕へ行ったりと課外授業もあります。

私が小学校の頃に行ったうるま市石川にあるヌチシヌジガマ
約300人が地上戦を生き延びてその中で赤ちゃんも生まれたことから
昔は安産祈願の場所としても有名であったそうです。

高校生、大学生など高学年になると自己学習して
作文を提出する授業などもあります。

しかし、高齢化が進み戦争時代を知るオジー、オバーが少なくなってきており
生の声を聴くことは少なくなってきています。
私は幸いにも、両親ともにおばーが健在しているので
お話を聞く機会があるので、恵まれている方だと思います。

スポンサーリンク

日本全国では約75%が知らない?!

沖縄タイムスとヤフーとの共同アンケートでは
全国からの回答者2000人のうち
75.5%にあたる1509人が慰霊の日を「知らなかった」と回答した。
*沖縄タイムス+より引用

戦争というのは経験者以外では想像もできない世界
私は生の声を聴けているので、自分なりの発信で少しでも後世に
伝えられらと、ブログでシェアさせて頂いております。

慰霊の日で考えること

やはり..
沖縄戦犠牲者の霊を慰め世界の恒久平和を願う日

慰霊の日に込められた意味を考えると
誰が悪いとかそういった考えではなく
そもそもの戦争という行為が決して起こってはならないことだと感じます。

これは、いろいろな方の戦争体験を聞いたり、テレビで見ていて
誰が悪い、誰のせいだと声を上げている方はいないので
人と人とが命を奪い合う行為が世界からなくさなければいけない
そういった気持ちが強いと感じます。

人は過ちを犯します。
ただし歴史を知ることで学ぶことが出来ます。
数多くの尊い命の犠牲により
現在の平和があります。

最後に

私はおばーが泣いているところを2回だけ見たことがあります。
1回目は私が小学生の時にオジーが亡くなった時
2回目は戦争体験を話してくれた時

身近な人の苦しい姿を見るのは
心が痛みます

私もまだまだ知らないことが多いですが
世界平和のために
少しづつ学んでいきます。

それではまた明日

12時に黙祷、うーとーとー、ご先祖様にお祈りを捧げましょう!

OKINAWAN SUP

OKINWAN SUPでは
沖縄生活、ローカル観光情報
海や自然での遊びについて発信しています!
BLOG プライベートツアー パーソナルトレーニング チェック↓↓

コメントやイイね!
Youtubeチャンネル登録
insta followなどあれば生きる気力が沸きます!

プライベートツアーお問い合わせ → 【こちら】

SUP×Fitnessパーソナルトレーニング予約 → 【こちら】

Blog
ツアー詳細
SUP×Fitnessについて
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です