スポンサーリンク

SUP初心者が漕ぎ出す前に天気の知識が必須

SUPは浮力が大きいボードの上に乗るため
潮の流れや海流に流されやすい
また人の体が風を受けることで風にも流されます。

潮の流れが速く風が強い最悪のコンディションでは
どんなに必死に漕いでも思った動きは出来ません。

これからSUPを始める初心者は
海がどんな状況なのか
どのように変化しそうかを知れば
安全で楽しいSUP Lifeを送りましょう!

SUP初心者が知るべき7つ

1.潮の性質

沖縄はサンゴ礁でおおわれた島国なので
潮が引くと遠浅で沖まで100~200mほど離れる場合があります。
潮が引く際にはサンゴ礁の間に
沖に向かう急激な潮流が出現する場合があります。

地域による地形によって
潮の流れはまったく違うので
初心者の方は地元の方に
潮の流れを聞いてみることが大事ですね!

特に注意したいのは離岸流です
沖に向かう潮の流れです
漕いでも漕いでも進まない場合などは
離岸流に乗っている場合があります。
そんな場合は焦らず
横に漕いで離岸流から脱出して下さい。

スポンサーリンク

2.低気圧と風の強さ

天気予報で低気圧の話がでると思います
低気圧では基本的に天気が不安定になります。
積乱雲などああいう雨雲のイメージです
行く海の近くに低気圧がないかチェックしましょう。

また陸地の風と海の上での風はまったく違います。
陸地では建物や山などで風が感じにくい場合があります。
海では風が強い場合が多いです!

スポンサーリンク

3.高気圧の風

高気圧は天気が良いイメージです!
しかし、高気圧の西側では風が強い場合があります。
高気圧ってのは
右回りの風で回っています。
なので高気圧の左側、西側では
風が強く吹いてる場合があります。
高気圧の位置にも注意しましょう!

4.風波の性質

基本的に波は
風が強く
長く
広く
吹くことで生まれます。
波が出来るにはある程度長い時間
風が吹き続けないといけない。
天気図で低気圧がSUPポイント
近くにあり、長期間近くにあれば
波が高く海が大荒れしていると想像出来ます!

5.うねりの性質

石を池に投げた時円状に波の波紋が出来ます。
うねりは遠くで発生した台風や低気圧により
届けられた波の波紋です。

海上で風が吹いていなくても、海岸に
高波がやってくる場合があります。
それがうねりです。

うねりは大きなパワーを持っている
場合が多く、海岸沿いの近くにくると
浅瀬でブレイクして一気に
高波となる場合があります
海岸沿いで波がある場合は近づかないでもらいたい。

6.海岸の風と波

海から陸に向かって風が吹いてることをオンショア
陸から海に向かって風が吹いてることをオフショア

低気圧が通過した際には
オンショアとオフショアが短時間で変わる場合があります。

海に出る際はオンショアで苦労してゲットアウトしたのに
陸に帰る際はオフショアで帰るにも苦労する
SUP初心者は体力に余裕を持って
長時間は避けたい!

7.海上や空の状態をよく見る

いくら天気予報とにらめっこしても
結局は現場に行ってみないと
状態がわからない場合もあります。

風が強く沖で白波が点々と立っている状態
「白兎が飛んでいる」と言います
沖では約8m/秒の強風が吹いています。

初心者では約6m/秒の風速で
コントロールが難しくなります。
なので白兎が飛んでいたら
SUP初心者は基本的に入らない選択をしたい。

長文になってしまいましたが
SUP Lifeを安全に楽しみましょう!!

【参考文献】BLADES STAND UP BOARD MAGAZINE Vol.8 解説 森朗

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です