スポンサーリンク

はいさーい!
OKINAWANSUPでーす🙌✨

皆さん調子はどーですか?

私はスーパー元気です😊✨

今回の記事ではサップで腰痛になる原因!
フォームが悪い要因について
バランスや体幹を鍛えて腰痛を改善する方法について
簡単に解説しています🙌✨

それでは、解説いってみましょう!

スポンサーリンク

パドルフォームが原因?

SUPする際に欠かさない動きがパドリングです
パドリングの際は背部の筋肉をしっかり
使わないといけないです!

しかし、腹部の筋力がが弱かったり
自分の体の使い方が上手に行えていないことで
腰痛が発生してしまいます。

今回の内容では
不良な姿勢や使いすぎによって
腰の辺りの筋肉に痛みが出てしまった
原因その改善方法を載せています。

良い姿勢と悪い姿勢とは?

人は2本足で歩く生き物なので
4足歩行の動物よりも
腰にかかる負担はもともと高いです。

SUPでは背中の筋肉を使って
漕ぐ必要があるので

悪い姿勢ではすぐに腰痛となってしまします。

スポンサーリンク

良い姿勢

SUPを漕ぐときに基本となる姿勢は
お尻が少し後ろにあり
お尻より少し前に足が接地していて
上半身は30度ほど前かがみ
顔は前を向いていて
両手はしっかりと前方にあります。

基本の姿勢がなっていない場合は
体幹の筋力不足と
目線が主に関係します。

悪い姿勢

〇体幹が弱くて腰が反りすぎるパターン

腹部の筋力が弱くて腰が反りすぎると
背部への負担が高まってしまいます。
パドルで漕ぐだけでかなりの負荷になるので
漕ぎ続けると痛くなっちゃいますね!

〇目線が下にあり姿勢が悪くなるパターン

目線が下になると
上半身が丸まり、猫背に近くなります
猫背になってしまうと
腕にばかり力が入ってしまって
上半身がぶれやすく
腰への負担が高まります!

腰痛を改善させる方法!?

姿勢が悪くなることにより
腰痛が出現する場合は
動画を撮って姿勢を確認するのが速いです!

また大事になるのは目線を前に向けること
体幹の筋力強化になってくると思います。

パドリングでは背部の筋肉を主に
使ってしまうので
SUPのパドルトレーニング終了後は
クールダウンとして
腹筋をすることで背部の筋肉が
やわらげられます。
そして、弱い上半身腹部の強化にも繋がります。

サップで腰痛になる姿勢、腰痛を予防するためのバランスや体幹の鍛え方

こちらの動画ではサップインストラクターが
腰痛原因や体幹、バランスのトレーニング方法について
丁寧にレクチャーしています🙌✨

是非、check↓

海遊びのお供に最適なアイテム!

DCIM\102GOPRO\G0543071.JPG

ツアーでも使用してる防水バック!
PVC素材で強度が高く、閉める際に淵を巻いてバックルを止めるので
滅多なことでは浸水しません😊✨

海で携帯や貴重品を持ち歩いたり
飲み物を入れるのに便利です!

車やビーチに貴重品を置くのが不安な場所におすすめ🙌✨

今年の夏も楽しみましょー!
それではまた明日ー!👍✨

OKINAWAN SUP

OKINWAN SUPでは
沖縄生活、ローカル観光情報
海や自然での遊びについて発信しています!
BLOG プライベートツアー パーソナルトレーニング チェック↓↓

コメントやイイね!
Youtubeチャンネル登録
insta followなどあれば生きる気力が沸きます!

プライベートツアーお問い合わせ → 【こちら】

SUP×Fitnessパーソナルトレーニング予約 → 【こちら】

たびらい沖縄さんにて、OKINAWAN SUPが開催しているツアーの アクティビティ体験記の特集が組まれました!
詳細は → 【こちら】

Blog
ツアー詳細
SUP×Fitnessについて
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です