スポンサーリンク

はいさーい!
OKINAWAN SUPでーす🙌✨

皆さん調子はどーですか?

私はスーパー元気です😊✨

夏本番が近くなってきました!
サーフィンやサップサーフィンを始める方もいるのでは?
初心者が上達するためのコツをまとめてみました🙌✨

海全体を眺める

波を観察するのはうねりから
テイク・オフに繋げるためにとても重要✨
まずは海に入る前に海全体の波のポイントを5分でも観察しましょう👀!

波がどんなふうにやってきて
どんな大きさなのかを確認するクセを着けよう
波待ちの時もしっかり確認!👍

*SUPサーフィンが初めての場合は立って乗らずに
 膝たちの体勢でパドリングして波に乗る感覚を掴もう!

潮まわりの状況

海に到着してから潮見表をチェック!
今後潮は上げなのか、下げなのか確認します!

波が小さい時は満潮時に波がなくなったり
干潮時に波のサイズがアップしたり
変化していきます!🏄

必ずその様になるわけではありませんが
今後の波の変化をある程度理解するためには
重要な情報です!🌊

スポンサーリンク

波のサイズ

波のサイズは一番気になるポイントですね!

波からの自分までの距離によって
波のサイズの感じ方は変化します😲❕

先に入っているサーファーやSUPの方がいれば
波に乗っているところを確認すると波のサイズが正確に把握できます!

初心者の方は膝から下の波のサイズがおすすめ✨

チャンネル

波が大きくなるにつれて
沖に出るのも大変になってしまいます💦

特に初めのうちはパドル力もないので
沖に出るだけでも一苦労😭

そんな時に活用したいのが
チャンネルといわれる沖に出ていく潮の流れ
その流れに乗ると早く楽に沖に出られる!

波が立っている場所は岸に向かって潮が押し寄せて
波が立っていないところは沖に潮が流れて行っているので
そこが基本的にチャンネルです😊✨

海の全体の様子を確認することはとても重要です!
初めから自転車に乗るのは難しいので補助輪をつけて練習しますよね?👀
波も初心者サイズで何度も何度も練習することが
早い上達に繋がります🙌✨
下からは波の乗り方について解説!

早めにパドリング

初心者の場合はスープと呼ばれる
泡状の小さな波に乗るのがおすすめ😊✨
何度も練習して波に乗る感覚を養いましょう!

初めは座った状態でパドリングして波に乗る練習🏄

ブレイクしてスープがやってくるのは
意外と早いので、自分が乗りたい波と判断したら
すぐにパドリングに入ろう!

パドリングしながらチラチラ波もしっかり確認!

波が追いついてくる

波が追いついてくるまでしっかりパドリングを続ける😲❕

力を入れすぎると板がブレやすくて
バランスを崩す原因となるので注意したい💦

ノーズ寄りに体重をかける

波において行かれないように
少し前のめりになって前に体重をかける!
スープがボードに当たると衝撃があるので 
バランスを崩さないように注意!

波に対してボードが進行方向に真っすぐ向いていれば安定しやすい🏄🌊

イン・サイドまで乗り継ぐ

※イン・サイド 海の中の陸側のエリア

スープに乗ったらイン・サイドまで波に乗っていく!✨

途中でスープにパワーがなくなっていくので
体重を前方に移動させたり、パドリングして
出来るだけ長くライディングしましょう😊✨

上体を起こす

スープに乗っている最中は基本的に前方に目線を意識させます!

上体が前のめりだったり
目線が下にあるとバランスが取れません!
クセになると立って乗るなどの次のステップになった際に
上達しにくくなってしまいます💦

スープでの初めの練習から
上体を起こす目線は前を意識して行きましょう🏄

座って波に乗れるようになったら
波に乗ってる最中に立つ練習のステップに
移っていきましょう😊✨

自分に合った適切な波選び!何度も波に乗ることで
早く確実にステップアップしていきます🙌✨

サップサーフィンを始めたい方にオススメのサップ

 

ソフトボードは柔らかい素材で出来ていて!
初心者でも扱いやすい😍✨

パドルは別売りですが、5000円程度でも買える物があります👍

オールランドタイプなので
ヨガ、釣り、サーフィンと幅広く楽しめる😊✨

サーフィンの場合は初心者におすすめの膝下サイズの波に
乗りやすく安定性も高い🏄🌊

サップサーフィン、サーフィンを楽しみたい方には
小さめのサイズがおすすめ✨

膝上のサイズではサーフィンの練習✨

膝下のサイズではサップサーフィンの練習🏄

用途別に使い分けるのも面白い!!

迷惑駐車

最後に駐車はかなり気を付けたい!!

沖縄では恩納村や伊計島など
はるさー(農家)が困っています💦
畑の近くに無断で駐車され、駐車禁止区域になって
しまったポイントがいくつかあります。

たった一人の勝手な行動が
サーファー、海が好きな人々の
遊び場を減らしています😭

遠い場所でもルールを守って
邪魔にならない様にして
落ちているゴミは少し拾うなど
人にも環境にも優しくしたいですね!

それでは、海LIFE楽しんで下さい✨
また明日ー!!

参考資料:歴代チャンピオン5人がやさしく解説するサーフィン基本テクニック完全HOW TOブック 波乗り道場
     サーフィンスタートBOOK サーフィンデビューのABC 枻えい出版社

OKINAWAN SUP

OKINWAN SUPでは
沖縄ローカル観光情報や
SUP、海や自然での遊びについて発信しています!
BLOG プライベートツアー パーソナルトレーニング チェック↓↓

コメントやイイね!
Youtubeチャンネル登録
insta follow
などあれば生きる気力が沸きます!

SUPツアー、SUP×Fitnessパーソナルトレーニング予約
お仕事依頼は → 【こちらへ】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です