スポンサーリンク

はいさーい!
OKINAWAN SUPでーす🙌✨

皆さん調子はどーですか?

私はスーパー元気です😊✨

沖縄は第二次世界大戦の日本とアメリカ戦において
唯一地上戦が行われました!
本日は前夜ということで意外と知られていない
沖縄県民が米軍に対して思うリアルについてご紹介!

慰霊の日とは?

Googleマップより掲載

1945年の太平洋戦争で日本とアメリカ連合軍が戦いました
沖縄では唯一地上戦が行われ、約20万人もの命が亡くなりました

20万人というと

島根県 松江市 206.230人
東京都 西東京市 200.012人
埼玉県 熊谷市 198.742人
東京都 台東区 198.073人
山口県 山口市 197.422人
新潟県 上越市 196.987人

ひとつの市が数か月でなくなるほどの犠牲者です

死者のうち
アメリカは約1万2520人
日本はその15倍、
約18万人が亡くなったそうです。
このうち沖縄県出身以外の日本兵は6万5908人。
出身の軍人・軍属(ぐんぞく)(正規の軍人、学徒隊など)は2万8228人。
一般の住民は9万4千人。
沖縄県民全体では12万2千人以上、県民の4人に1人が亡くなったといわれている。

6月23日の「慰霊の日」は、沖縄戦犠牲者の霊を慰め世界の恒久平和を願う日です。沖縄県が条例で記念日として定めました。

「慰霊の日」は、アメリカ軍が主体となった連合国軍と日本軍との間で起こった組織的な戦闘が終わった日とされています。
1945年6月23日に、沖縄現地に配備された日本軍の牛島満司令官と長勇参謀長が自決し、組織的な戦闘が終結したことから、この日が「慰霊の日」に定められました。

若者とおじー、おばーのアメリカ人に対しての考えの違い

1945年の終戦から約76年の2021年
私は今年30歳になるので、戦争のことは
教科書で習ったり、おばーから話を聞いたことしかありません。
もっと若い10代、20代には徐々に
話を伝えるオジーオバーも少なくなり
実感が薄れているのが現状だと思います。

ただし、私があってきたオジーオバーは
アメリカ人に対して怖い憎いと思っている方は多くないと感じています。
戦争はいけないことと伝える方は多いですが
アメリカ人を特定的に悪いとはあまり聞きません。

その背景として、アメリカ人が捕虜に対して親切に対応したこと
終戦後に沖縄県民へ医療提供など本州よりも高い医療技術を提供したことなどがあげられると思います。
すべてが良い面だけではありませんが、悲惨な状況だけではなかったということですかね。

沖縄県民の若者はアメリカ人が事件を起こして、怖いと警戒はしますが
アメリカ人の文化やライフスタイルに憧れている人も多いです!

スポンサーリンク

アメリカ基地は沖縄県民の雇用に重要?

アメリカにある基地の中で働く沖縄県民が多くいることも現状です!

沖縄は年収が低く、雇用も日本のランキングから見ると低い状態です。
アメリカの基地があるおかげで働いて生活してる方も多くいるのは事実です。
基地の周りには飲食店などもあるので周りにも雇用がありますね。

私の周りの知り合いにも基地で働く方がいます。

沖縄県民はアメリカの文化の影響を強く受けている

ビーチパーティー、BBQ、ハンバーガー、スパム
沖縄県民はチャンプルーの文化です。
多種多様な文化が混ざり合っています。

今では当たり前に知られているポーク卵おにぎりも
もともとはアメリカから持ち込まれた
スパムを使っていますよね。

A&Wのハンバーガー屋さんでは車を駐車して
車の中でハンバーガーを食べるスペースがあったり
沖縄県民はBBQ、ビーチパーティーが好きだったりと
アメリカのライフスタイルが身近な物になっています!

最後に

戦争は絶対に起きてはいけません。
私たちの今があるのはご先祖様の歴史があってこそ
それを忘れないために慰霊の日を通して
さらに学んで、後世に伝えていくこと
私もまだまだ学ばなければいけまんせん。
沖縄県民、観光の方にも
今の素敵な沖縄があるのがご先祖様が守ってきたもの
苦しんできたことなどがあることを知る機会になって
さらに沖縄に興味を持って好きになって頂けると嬉しく思います。

第二次世界大戦で犠牲になったすべての方に
心からお悔やみ申し上げます。
               合掌

それではまた明日。

OKINAWAN SUP

OKINWAN SUPでは
沖縄生活、ローカル観光情報
海や自然での遊びについて発信しています!
BLOG プライベートツアー パーソナルトレーニング チェック↓↓

コメントやイイね!
Youtubeチャンネル登録
insta followなどあれば生きる気力が沸きます!

プライベートツアーお問い合わせ → 【こちら】

SUP×Fitnessパーソナルトレーニング予約 → 【こちら】

Blog
ツアー詳細
SUP×Fitnessについて

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です