はいさーい!
OKINAWANSUPでーす👐

沖縄でSUPショップを経営しています🏄✨

今回ご紹介する内容はSUPサーフィンのテイクオフについてです!
この記事を読むことで今よりも
SUPサーフィンが楽しくなりますよ😊✨

スポンサーリンク

下を向いたパドリング

まずSUPサーフィン初心者に多い1つ目の間違い!!

下を向いたままのパドリングです💦

こちらはテイクオフ前のパドリング動作途中を切り抜いた写真📷

カメラ目線w

下を向きながらパドリング動作にテイクオフ前の動作になっています!

この後どうなるかというと↓

つんのめって
明らかにバランスを崩しています💦

車の運転、スケボー、自転車など
基本的には目線方向に動いていくので
下を向いていると、下に突っ込む姿勢になります💦

テイクオフ前の目線はとても重要です😊✨

下を向くとテイクオフ後に
パーリングするか、バランスを崩して
ライディングが難しくなります💦

理想の目線はこちら👇

進行方向を見ながら
ライディングですね😊✨

テイクオフはパドリングを一生懸命すると
勘違いしている人も多いですが💦

波のパワーゾーンでしっかり
テイクオフに入ればパドリングは2、3回で出来ちゃいます👆
テイクオフ位置、目線を最重要に意識すると
安定したSUPサーフィンのテイクオフに繋がります🏄✨✨

ガニ股のテイクオフ

続いてSUPサーフィン初心者に多い2つ目の間違いガニ股テイクオフ!!!💥

サーフスタンスの後ろ足の膝が
外側を向いて不格好な感じ💦👇

テイクオフに入ろうとすると
レギュラースタンスなら右足
グーフィースタンスなら左足

後ろ足が開いちゃいます💦

膝は進行方向!

進む方向に向けたい👇

ガニ股になる原因は
安定性を出そうとして
足先が外側を向く様に広がります💦

その影響で膝も開いて
ガニ股となります👆

バランスをとうろうと足を広げると
不安定になってしまいます💦

ガニ股スタンスでは基本的に直進しか出来ません
左右へのライディングは難しく
レールを入れたり操作してコントロールが
出来なくなります💦
そして尻もちをつくように落ちることが増えます😭!!

膝は進行方法にむけるだけで
後ろ、左右へのバランス保持
レールを入れたボードコントロールが簡単になります😊✨

膝の向きを意識しましょう🏄✨

間違え続けたSUPサーフィンテイクオフについて
言葉では伝えきれない内容が盛りだくさんのYouTube動画
是非、checkしてね👇

まとめ

〇テイクオフ前に視線が下向きになり、テイクオフが不安定になる


〇テイクオフの際にガニ股になり、テイクオフが不安定になる

この2つがSUPサーフィン初心者のテイクオフが安定しない
最初の原因となりやすいです👆💦

初めから意識してSUPサーフィンすることで
テイクオフが安定して
楽しいライディングに繋がっていきますよ😊✨

今回の記事が少しでもお役に立てると嬉しいです😊✨

それではまた明日ー🙌✨

OKINAWAN SUP

OKINWAN SUPでは
沖縄生活、ローカル観光情報
海や自然での遊びについて発信しています!
BLOG 那覇や沖縄南部でのプライベートツアー チェック↓↓

コメントやイイね!
Youtubeチャンネル登録
insta followなどあれば生きる気力が沸きます!

プライベートツアーお問い合わせ → 【こちら】

SUP×Fitness → 【こちら】

たびらい沖縄さんにて、OKINAWAN SUPが開催しているツアーの アクティビティ体験記の特集が組まれました!
詳細は → 【こちら】

たびらい沖縄さんにて、OKINAWAN SUPが開催しているツアーの アクティビティ体験記の特集が組まれました!
詳細は → 【こちら】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_2616-1024x769.jpg
Blog
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_1656-1024x683.jpg
ツアー詳細

「SUPサーフィンテイクオフとは?何年も間違えていた2つのポイントとは?初心者のテイクオフが変わる!?」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。