SUP初心者ブログ

SUP初心者に嬉しいコスパ最強のおすすめウェットスーツ!冬も海で遊べちゃう!?

コスパ最強ウェットスーツ
siooon

✅当サイトは広告を利用しております。

オキナワンサップ
オキナワンサップ

はいさーい!OKINAWANSUPです。

7年以上インストラクターをしています。プライベートでも海で遊んでたくさんのウェットスーツを使ってきました!

今まで40種類以上のウェットスーツを購入、使用してきました。

その経験から初心者でも手を出しやすいサーフィン、SUP用のウェットスーツについて解説します。

今回の記事を読めばあなたに最適なウェットスーツが見つかりますよ!

オキナワンサップは沖縄でSUPインストラクターとして活動しています。

年中海に入っているので、ウェットスーツは必須アイテム!

サップウェットスーツ

夏でも冬でもウェットスーツは手放せません。

コスパ最強のウェットスーツについてご紹介していきます。

SUPはウェットスーツ必要?

SUPウェットスーツ

冬は防寒対策として必須アイテムのウェットスーツです。

ウェットスーツは布とゴムを合わせたような素材で水の侵入を制限してくれて保温性を高めています。

SUPは海中に入るスポーツではないですが、落ちたりすると水に濡れます。また、冬の海はとても寒いです。

秋、春、冬はウェットスーツを着用することが多いです。

夏は上着だけのウェットスーツなどを着用したりします。

ウェットスーツを着る時の目的は防寒、傷予防、クラゲなど生き物から肌を守る、日焼け対策などがあげられます。

生地の厚さなどさまざまあるので夏〜冬も着用することがあります。

SUPにおすすめなコスパ最強ウェットスーツ

ベスト

〇シーズン
夏、春後半、秋前半

〇水温
25℃後半の気温に適しています!

〇特徴
こちらのタイプは裏起毛にて保温性が高いです!
痩せている方は夏の終わりなど寒く感じるので
これ一枚羽織ると快適!

こちらのタッパーは3㎜で裏起毛ですが、暑すぎないでぜんぜん使えます。
裏起毛ではない普通のジャージ素材などもあります。

〇メリット
ベストタイプは脱ぎ着が楽で、ウェットパンツ、タッパーなどと
組み合わせることで、春、秋なども活躍してくれます。

〇デメリット
日焼けがノースリーブ後になるので、恥ずかしいw
タッパーなどと組み合わせると分厚くなるので、動きづらさがある!
サーフィンなどのパドル時にノースリーブ部分が腋に擦れて
痛くなる方もいる。

実際にベストウェストを買って使用したレビューはコチラ

タッパー

〇シーズン
夏終わり、春、秋

〇水温
25℃~28℃

〇特徴
長袖タイプになるので、夏の終わりで肌寒く感じる季節から
活躍してくれます。
サーフパンツに合わせるだけで、サッと防寒出来ます!

〇メリット
日焼け対策、けが防止、防寒などに役立ちます!
ウェットパンツ、タッパーなどと組み合わせることで、春、秋、冬なども活躍してくれます。

〇デメリット
ちょっとデザインがダサい感じがありますが
安いのでその辺はご愛敬

〇シーズン
春、秋、冬前半

〇水温
24℃~28℃

〇特徴
胴体部分がスキン素材なので、風を通しません!
サーフィン、SUPで波待ちしていたりする時の
風の寒さを和らげてくれます。

〇メリット
日焼け対策、けが防止、防寒などに役立ちます!
ウェットパンツ、タッパーなどと組み合わせることで、春、秋、冬なども活躍してくれます。
袖からジャージ素材なので、SUP、サーフィンのパドリングの際の
肩回りの動きの邪魔をしません!

〇デメリット
袖と胴体の素材が違うので、長年使用することで
袖と胴体部分が破れやすいです。

*ウェットスーツの使用後は水洗い、日陰の風通しが良い場所で乾かすことで長持ちします。

実際にタッパーを買って使用したレビューはコチラ

ロングパンツ

〇シーズン
夏、春、秋、冬

〇水温
23℃~28℃

〇特徴
岩などで怪我しやすい足を保護してくれる!

〇メリット
ベスト、タッパー、ロングジョンなどと組み合わせることで
年中活躍してくれる。
フルスーツと違ってトイレがしやすい!

〇デメリット
フルスーツと比べると水が入りやすい 。

〇シーズン
夏、春、秋、冬

〇水温
23℃~28℃

〇特徴
岩などで怪我しやすい足を保護してくれる!
腰横がスキン素材となっているので風を通さず保温性が高い。

〇メリット
ベスト、タッパー、ロングジョンなどと組み合わせることで年中活躍してくれる。フルスーツと違ってトイレがしやすい!

〇デメリット
フルスーツと比べると水が入りやすい
長期間使うとスキンとジャージの接続部分が破れやすい。

実際にロングパンツを買って使用したレビューはコチラ

ロングジョン

〇シーズン
春、秋、冬

〇水温
23℃~26℃

〇特徴
袖以外の胴体を守ってくれる
SUP、サーフィンのパドルの際に肩回りの動きの邪魔をしない。

〇メリット
フルスーツと比べると脱ぎ着が楽!
タッパーと組み合わせることで冬も大活躍!
ロングジョン&タッパーの組み合わせは一番人気!

〇デメリット
ノースリーブの形に日焼けする
パドリングの際にノースリーブ部分が肩に擦れて痛くなる人もいる!

実際にロングジョンを買って使用したレビューはコチラ

フルスーツ

〇シーズン
秋~冬~春

〇水温
20℃~25℃

〇特徴
全身を覆うフルスーツは保温性バツグン
沖縄の冬ならジャージフルスーツで乗り切れることも!

〇メリット
フルスーツは水の侵入を大幅に防ぐので温かい!
腹部分がスキン素材なので、サーフィンのパドリングの際に姿勢が安定しやすい!

〇デメリット
背中のチャックを降ろして、袖を脱いでと トイレがしづらい。

格安フルスーツのレビューはこちら → 【MORGANSKY】

ロングジョン&タッパー

〇シーズン
春、秋、冬

〇水温
20℃~26℃

〇特徴
ロングジョンとタッパーのセット!
SUP、サーフィンのパドルの際に肩回りの動きの邪魔をしない!

〇メリット
フルスーツと比べると脱ぎ着が楽!
ロングジョンだけ、タッパーだけ、両方組み合わせるなどして
幅広いシーズンに対応できる!
ロングジョン&タッパーの組み合わせは一番人気。

〇デメリット
ノースリーブの形に日焼けする。

FELLOWロングジョン&タッパーウェットスーツの詳細 → 【こちら】

セミドライ

〇シーズン


〇水温
18℃~25℃

〇特徴
ゼミドライはジャージとスキン素材を使用していて
風を通しにくいので保温性バツグン!
風が強い日はジャージ素材は寒く感じますが、セミドライなら全然大丈夫。

〇メリット
寒さに強い!沖縄、九州などの冬ならこれで乗り越えられる!

〇デメリット
分厚くなるので、動きづらさがある!
長年使用することでジャージ、スキン素材の接続部分が破れやすい!

実際にセミドライを買って使用したレビューはコチラ

まとめ

サップおすすめウェットスーツ

筆者は夏場ロングパンツ、ベスト、タッパーの使用頻度が高いです!

上の写真はロングパンツにベストを組み合わせています。

冬場はFELLOWのロングジョン&タッパーを使用していますね!

ロングパンツのメリットは履きやすさ、トイレのしやすさですが、水が入りやすいのが難点。

SUP、SUPサーフィンは常に水に濡れているわけではないのでロングパンツ、ベスト、タッパーでも冬を乗り越えられたりします!

沖縄での話ですが…

今はアマゾン、楽天でコスパ最強のウェットが多数あるのでロングパンツ、タッパーを安く揃えてみてもイイかもしれないですね!

ロングジョン&タッパーの組み合わせの人気が高い!
春夏秋冬で組み合わせを変えられるのが1番の魅力です。

FELLOWは日本のサーフブランドです。高クオリティで低価格でとても人気が高いです。

初めての1着におすすめです。

私が実際に使用してきたおすすめウェットスーツ7選のレビューはこちら

サップにおすすめのウェットスーツ紹介!YouTube動画

文字では伝わりづらいウェットスーツの説明についてYouTube動画にて詳しく解説しています↓


それでは海LIFE楽しんで下さい!!

今回の記事作成はOkinawan supが担当しました!

ABOUT ME
Okinawan sup
Okinawan sup
沖縄サップ専門店
Okinawan supはプライベートツアー専門店となっております。 SUP・シュノーケル、プライベートツアー開催!HappyでSpecial な体験をお届け! SUPはサーフボードの様な大きなボードに立ちパドルで漕いで進むマリンスポーツ! 沖縄の素晴らしい海を体験して頂き、沖縄を好きになってもらえば最高に嬉しいです!!

記事URLをコピーしました