スポンサーリンク

沖縄の干潟

沖縄はサンゴ礁で出来た島です。
なので、沖縄の島の周りは
サンゴ礁に囲まれていて
その影響でビーチの近くは
波が高くないです。
そして、遠浅なので
大きくて広い干潟が出来上がります!

干潮・満潮によって、干潟が出来上がる。
日によって違いますが
干潮は約3.4時間なので
干潟に入れる時間は2.3時間です。

タイドプール?

タイドプールとは潮だまりのこと
ところどころにくぼみがあり、
そこに海水が溜まっています。
深さはいろいろですが
温泉の様に浸かれるところもあれば
足がつかない場所もあります。
海に慣れてないひとや
家族なら安心して楽しめるポイントですね。
しかし、危険もあります。
満潮になる際の潮の流れはとても早いです
満潮に気づかないと
沖に流されるかもしれません。
事前に潮の時間を確認した方がいいですね!

どのポイント?

写真のポイントは危険なポイントなので
教えられませんが
タイドプールはどこにでもあります。
沖縄の干潮、満潮をしっかり確認します。
潮が100~120cm以下になると
干潟が出来ていると思います。
何度も通っている場所であれば
満潮に潮の流れが把握できると思います。
初めてのポイントでは
ビーチから離れすぎてはダメです。
気をつけて下さい。

*事前を情報をあつめて楽しく安全に遊びましょうね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「1日2時間だけ現れる自然のプール?」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です